【忘れ物厳禁】海外留学持ち物チェックリスト

海外留学に持っていきたい持ち物をご紹介。

留学先でも調達できるものがほとんどですが、無駄な出費を減らしたいという方は是非参考にしてみてくださいね。

お金をどうやって持って行こう?というお悩みについては、こちらでご紹介しています。

【海外旅行・海外留学】海外へのお金の持って行き方おすすめ3選
簡単かつお得に現地通貨を使用するにはどんな方法がある?どのようにして使い分けたらいい?現金・デビットカード・クレジットカードのメリット・デメリット・使い分けをご紹介します。

海外留学荷物リスト

必須パスポート
必須現金
必須クレジットカード
(VISAかMASTER)
必須入学許可証
必須eチケット
必須海外旅行保険契約書
必須ビザ関連の書類
必須筆記用具
(油性ペンや付箋もあると便利)
必須

ノート
(学校用)

必須クリアファイル
必須コンセント変換プラグ
必須電子辞書
(オフライン時でも使用可のアプリ)
必須着替え
(1週間洗濯なしで大丈夫な程度)
必須生理用品
(女性は必須)
必須ポケットティッシュ
(水に流せるタイプがお勧め。多めに)
必須充電器
必須通学用のカバン
必須お風呂セット
(歯磨き・スキンケアグッズ・数日分のシャンプーなど)
必須折り畳み傘
必須タオル
(3~5枚程度)
おすすめ室内履き
(シャワールームでも使えるクロックスなどがおすすめ)
おすすめ水筒・ランチBOX用のタッパ
(日本の様な激安ランチはありません。
サンドイッチを作って持って行くのがおすすめ。)
おすすめ洗濯ネット
おすすめエコバック
(スーパーで袋が有料な場合多数)
おすすめ日焼け止めクリーム
おすすめガイドブック
おすすめホストファミリーへのお土産
(空港の1000円程度のお菓子でOK)
おすすめ常備薬
(英文の説明書が必要なことも。)
おすすめ日記帳
(家計簿としても使える)
おすすめ小さな室内干し
(100均でOK。洗濯ばさみが付いているもの)
おすすめ水着
(国・季節による)
おすすめサングラス
(国・季節による)
おすすめパソコン
(データのバックアップなどに)
おすすめホッカイロ
(冬季)
おすすめばんそうこう
おすすめ南京錠
(様々な貴重品管理に)
現地調達シャンプーやリンス
(国によって軟水・硬水が異なるため)

これも意外と役に立った!おすすめグッズはこちらでご紹介。

【必見】海外留学におすすめの便利な持ち物8選
海外留学を予定している人必見!現在、カナダのバンクーバーに長期留学中!過去にも4度の短期留学経験済み!日本から留学先に持ってきて良かった、忘れがちだけどおすすめの持ち物をご紹介します。

短期留学は長期留学と比較して荷物が少ないです。

日本ほど安くて良質なものが手に入る国はなかなかないので、出来るだけ日本から持っていくのがお勧めです。

例えば、日本の100円ショップの商品。数年前にカナダで販売されているのを見つけたのですが、約300円で売ってました。


しろちゃん
しろちゃん

海外へ行く際は洋服やタオルなどは古めのモノを持っていき、帰国する際に処分し、空いたスペースにお土産を詰めています。


とは言え、何もない国に行くわけではないため、万が一忘れてしまったものは現地調達しましょう。

パスポートと貴重品だけは持って行くのはもちろん、現地での紛失も気を付けてくださいね。

応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 海外生活ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
渡航準備
しろちゃんをフォローする
しろちゃんの海外メモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました