【サンプルあり】英文レジュメの書き方~ワーホリ・アルバイト用~

海外留学やワーホリ中に飲食店で働きたい!

それならば、まず英文のレジュメを準備しましょう。

【カナダ・バンクーバー】飲食店の仕事探しの流れはこちら

 

英語でレジュメなんて書いたことないし、そもそも英語苦手だから書けないよ…

 

しろちゃん
しろちゃん

カナダ留学中に色々な人に添削してもらい、実際に私が使用したレジュメをサンプルとしてご紹介します。

1. 【カナダ・バンクーバー】飲食店の仕事探し

仕事の探し方

日本と異なり、気になったお店に直接レジュメを持って行くのが主流です。

お店によっては、メールでレジュメを送ってね!と言われることもありますが、とりあえず一度お店に行ってみましょう。

店頭に”Hiring“という張り紙をしていたら要チェック!

レジュメを配り歩く

レジュメを作成したら、10~20枚レジュメを印刷して持ち歩きます。

気になるお店を見つけたら、スタッフを通してマネージャーに会い、レジュメを渡しましょう。


店頭のスタッフへの話し方(例)

しろちゃん
しろちゃん

Hello!
I’m Shirochan.
I’m looking for a job.
May I meet your manager?


マネージャーに会った時の話し方(例)

しろちゃん
しろちゃん

Hello!
I’m Shirochan.
I’m looking for a job.
Are you hiring now?


マネージャーが不在の場合は、店頭スタッフがレジュメをマネージャーに渡しておくよ!と言ってくれる場合が大半です。

 

2. 【例文あり】実際に使用した英文レジュメサンプル

バンクーバーの飲食店でのアルバイトを探した際に使用したレジュメをご紹介。

※内容は架空のものに変更しています。

紙のサイズ

カナダではレターサイズが主流。

しろちゃん
しろちゃん

A4サイズではないので注意!


できるだけ1枚に収めるようにしましょう。

余白はできるだけ狭くするのがおすすめ。

文字のサイズ

名前28 pt
住所など12 pt
見出し14 pt
詳細内容12 pt

小さい文字で沢山書いても読みにくいです。

特に名前は大きく目立たせて!!

レジュメの内容

1. 連絡先

非常に重要な項目。

特に電話番号やメールアドレスは間違いのないように何度も確認しましょう。

2. 目的

仕事をしたい目的を簡潔にまとめます。

  • パートタイム・フルタイムのどちらで働きたいのか?
  • どのポジション(サーバー・キッチンなど)で働きたいのか?

を含めましょう。

ポジションについては、特に希望がなければ書かなくても問題ありません。

3. 概要

特に伝えたいスキルや経験を簡潔にまとめます。

希望する職場で役立ちそうな内容がベスト。

4. 職歴

直近の職歴が一番上になるように書きます。

学生時代のレストランでのアルバイト歴もアピールするために記入しました。

しろちゃん
しろちゃん

飲食店(同業界)での経験はアルバイトであっても書くべき!

5. 学歴

直近の学歴が一番上になるように、高校卒業後の学歴を記入。

学士卒の場合
文系:Bachelor of Arts(in 学部)
理系:Bachelor of Science(in 学部)

※学部名は書かなくても問題ありません。

修士卒の場合
Master of 専攻の系統

学歴の書き方の詳細はこちら

6. 資格

カナダで認められている資格があれば記入。

 

3. 付箋に勤務可能時間を書いて一緒に渡す

Availability (希望シフト) を書いて一緒に渡すのもお勧め。

せっかく面接に呼んでもらって行ったのに、希望シフトがそもそも合わなかった…

という無駄な結果になるのを防ぐためです。

 

【まとめ】英文レジュメ作成で重要なポイント

ややオーバー気味にアピールする
(日本人は謙虚すぎる)
重要な点は目立たせる
できるだけネイティブや英語に精通した人に見てもらう
にこやかに元気に挨拶して渡す


しろちゃん
しろちゃん

アルバイト探しは慣れるまでが大変だけれど、強い心を持って根気よく頑張ろう!

 

応援お願いします!
カナダ生活
しろちゃんをフォローする
しろちゃんの海外メモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました