スウェーデンATMでの現金引き出し方法

スウェーデンはキャッシュレス社会で有名。

100円程度の買い物でクレジットカードを使っても嫌な顔はされません。

だからこそ、旅行者は現地で必要な時に必要なだけATMから現地通貨を入手するのが賢い方法。

たまにキャッシュオンリーのお店またはカードリーダーが壊れているからキャッシュオンリーという状況に遭遇するのも事実。

実際、約2週間の滞在ではキャッシュオンリーの場面は2回だけありました。

一回目はストックホルムのクリーニング店でコインランドリーを使用した際、二回目はタクシーでカードリーダーが壊れていた際です。

万が一の時を考えて、一応現地通貨は持っておきたいものです。

スウェーデンはEU加盟国ですが、流通通貨はスウェーデンクローナです。

成田空港や羽田空港でもトラベレックスでは日本円から両替することが可能ですが、場所によってはスウェーデンクローナの用意がなかったり、スウェーデンではそもそも日本円からの両替ができなかったりすることも。

スウェーデンはキャッシュレス社会なので、観光客であっても現金はほぼ必要ありませんが少しは用意しておきたいもの。

海外へのお金の持って行き方はこちらでもご紹介しています。

 

日本の両替所で日本円→スウェーデンクローナ又は日本円→ユーロへ両替(スウェーデンでユーロ→スウェーデンクローナへ両替)

誰でもすぐに両替可能
両替手数料が高い
どの程度現金を使用するか分からないため、多めに両替する必要がある
(現金が余る可能性が高い)

キャッシュカード×海外ATMの使用

手数料が安い
必要な時に必要な金額だけ両替可能
スウェーデンクローナに対応しているキャッシュカードを発行する必要あり

海外ATMの使用方法

日本のATMと比べて、スウェーデンのATM大体の使い方は同じですが、表示や体裁がちがうと悩んでしまいます。

スウェーデンのATMの使用方法をご紹介します。

1. ストックホルムやウプサラの街中でATMを見つける

2. キャッシュカードを入れる

使用するカードの挿入向きに気を付けてくださいね。

3. 言語を選ぶ

今回私は英語を選びました。選択する場合はスクリーン脇にある左右のボタンを押します。

4. パスワードを入力

写真には写ってはいませんが、画面下に数字ボタンのキーがあります。

5.引き出す金額を選択

単位はスウェーデンクローナです。

6. レシートの有無を選択

7. カードが返却

カードだけでなく現金の回収も忘れないようにしてくださいね。

初めての使用でも難なく現金を引き出すことができました。

現金を引き出す際には手数料がかかる場合があります。

今回私は200クローナを引き出しましたが、実際には約203クローナが口座から引き落とされていました。

海外使用キャッシュカードならソニー銀行

クレジットカードも便利ですが、海外デビットカード(キャッシュカード)の使用がお勧め。

特にお勧めするのがソニー銀行です。

【メリット】
レートが良いときに随時オンライン上で外貨を購入できる。

  1. 購入した外貨を海外でデビットカードとして使用可能
  2. 外貨購入後、使用するまでの間外貨定期預金又は普通預金として通貨によっては金利取得可能
  3. 使用の度にメールで連絡を受け取ることができる。残金をアプリで随時確認できるので、使い過ぎを防ぐこともできる

ソニー銀行ならば、日本でネットバンキングとして使用することについても問題はありません。

コンビニのATMでの現金引き出しやオンライン上での振り込み(手数料無料)なども使用可能なので、3年間程度愛用し続けています。


しろちゃん
しろちゃん

思っている以上に便利な海外ATMの利用と海外デビットカードの使用。
素敵な海外滞在になりますように。

応援お願いします!
このエントリーをはてなブックマークに追加にほんブログ村 海外生活ブログへ
PVアクセスランキング にほんブログ村
スウェーデン 海外旅行
しろちゃんをフォローする
しろちゃんの海外メモ

コメント

タイトルとURLをコピーしました